fino 軽未使用車専門店fino 軽未使用車専門店 車検のコバック 鈑金のモドーリー酒田店
今週のチラシ
代表取締役社長よりご挨拶
代表取締役 池田 等
代表取締役社長 池田 等
1985年
St Thomas Academy高校入学
(アメリカ)
1988年
上智大学比較文化学部入学
1993年
株式会社 日商岩井(現双日)入社
エネルギー化学プラント中東担当
1998年
株式会社 八幡自動車商会入社
2008年
株式会社船井総合研究所より
最優秀新チャネル開発賞受賞
次にやりたいことは、
みんなが出来ないと言ったことをやりとげることです。
◎一番ありがとうを集めれる会社へ
一生に一回何を目指すのか?ぜひ高い山に登ってみたい。
どこまでできるかわかりませんが、人生をかけてみたい。
挑戦し、あきらめず、忍耐し、楽しく、明るく、モーティベーショナルな人生にしたい。
よいことを思い、自分だけよければよいという利己から、ほかの人から喜んでいただく利他へ、日々反省しながら進んでいきたい。どのようなことがあっても、すべてを魂の鍛錬の場として受け入れ、正しく対処し人間性を高めて生きたい。私はこのような考えを全従業員と共有したい。そして幸せな人生をともに歩みたいと常々願っております。そして地域でお客様から「一番ありがとうを集める会社」にしていけるよう成長して参ります。
◎スタッフ一人一人の力が集結する。
スタッフ1人1人の笑顔、明るさ、これが私たちの宝です。
1人1人の個性が集結し、大きな力が生まれる。大きな事を実行できる。
悩みはみんなで相談、解決し、喜びはみんなで分かち合う。
高い目標を一致団結し、目標を実現していく力が私たちにはある。
そんなスタッフに囲まれて仕事をしていくこと、会社を築き上げていくことに大きな喜びがある。
たくさんある自動車会社の中で当社を選んでくださり、足を運んでくださるお客様に感謝し、日々更なる成長をしていきたい。
会社概要
会社名 株式会社 八幡自動車商会
役員 会長       池田茂
  代表取締役社長  池田等
設立 1967年11月1日(創業1962年4月1日)
資本金 1,000万円
従業員 111名(常勤役員2名/社員79名/パート・アルバイト30名)
取引金融機関 荘内銀行・(株)日本政策金融公庫・山形銀行・みずほ銀行
本店 所在地 山形県酒田市東両羽町8-6
車検のコバック 酒田店 山形県酒田市東両羽町8-6
軽未使用車専門店 fino 山形県酒田市東両羽町8-5
車検のコバック 鉄砲町店 山形県山形市荒楯町1丁目3-3
軽未使用車専門店 fino 山形店 山形県山形市荒楯町1丁目3-3
鈑金のモドーリー 酒田店 山形県酒田市東両羽町8-6
鈑金のモドーリー 八幡店 山形県酒田市小泉字上川原32
鈑金のモドーリー 鉄砲町店 山形県山形市荒楯町1丁目3-3
営業時間 コバック・モドーリー 9:30〜19:00  展示場 10:00~19:00
事業内容 新車・中古車販売・車検・修理・板金・塗装・保険代理業・車両買取
加盟団体 自動車公正取引協議会(社)日本中古自動車販売協会連合会・車検のコバック
取引企業 ㈱イオン・㈱船井総合研究所・㈱山形ダイハツ・㈱山形スバル・㈱山形三菱・㈱山形日産
会社沿革
1962年4月 原動機付自転車販売修理業として八幡商会を設立
1964年3月 小型自動車分解整備事業の認定工場となる
1967年11月 株式会社 八幡自動車商会に商号変更する。
1968年12月 運輸大臣認定工場となる。同3月新潟陸運局長指定自動車整備工場と成る。
1969年2月 ランボルギーニ・カウンタックの車検を請負い、日本で初めて許可を受ける。
1976年3月 建設荷役車両特定自主検査登録検査業者と成る。
1981年5月 車検のコバック庄内八幡店オープンする
1997年10月 軽板金塗装システムを自社開発し、リニューアルオープンする。
1999年11月 車検のコバック酒田店をオープンする
2000年12月 車検のコバック酒田店が、山形県最短の11ヶ月で新潟陸運局指定工場を取得する。
2001年1月 軽自動車専門店をジャスコ酒田南店にオープンする。
2002年2月 軽自動車専門店 fino[フィノ]をリフレッシュオープンする。
2003年2月 軽自動車専門店 fino[フィノ]を酒田市両羽町8-5に移転オープン。
2006年8月 軽未使用車専門店 fino[フィノ]にリニューアルオープン。
2007年3月 新車・中古車販売・車検・修理・板金・塗装・保険代理業・車両買取
2008年5月 車検のコバック酒田八幡店リニューアルオープン。
2011年1月 車検のコバック鉄砲町店を山形市にオープン。
2012年10月 軽自動車専門店fino[フィノ]山形店オープン。
2014年4月 鈑金のモドーリー酒田店オープン。
年間販売台数 2店舗で2000台! 山形県下最大級の軽未使用車専門店です。
業績推移
売上
◎平成20年1月決算   9億5,100万円
◎平成21年1月決算 10億5,500万円
◎平成22年1月決算 12億9,500万円
◎平成23年1月決算 13億8,000万円
◎平成24年1月決算 16億円
◎平成25年1月決算 21億円
◎平成26年1月決算 33億円
◎平成27年1月決算 33億円
◎平成28年1月決算 34億円

社会貢献・地域活動

company_photo2_2地域一、ありがとうを集めれる会社へ

◎「世界の子供にワクチンを」に参加し3ヶ月で
5,000本分の寄付

◎酒田祭り・花笠祭り参加

◎地元高校の後援会に寄付

◎児童虐待防止ステッカー(オレンジリボン)無料配布

◎ありがとうワクチン 世界の子供に1万本寄付

◎2011年 東日本大震災 支援活動

◎レーシングドライバー黒田吉隆さん(山形出身)スポンサー

◎あしたねプロジェクト(山形新聞主催)への参加 >>やまがたあしたねプロジェクト

◎山形県勤労者育成教育基金協会に入りました  >>山形県勤労者育成教育基金協会

katsudohoukoku

〈左上〉酒田市倫理法人会 講演
〈左下〉お客様感謝祭 〈右〉子ども整備士体験

◎酒田市倫理法人会にて講演をさせていただきました

◎子ども職業訓練活動 子ども整備士体験実施

◎ありがとうワクチン世界の子どもに59,000本寄付

◎お客様感謝祭開催

◎経済雑誌「Big Life21」にて特集頂きました
>>掲載誌PDF

◎県職員セミナーにて講演をさせていただきました

 

company_photo4

今回の震災は特に影響が少なかった山形県がこの東日本大震災の復興のカギだと思い、様々な支援をさせて頂きました。

company_photo5

このランドセルの寄付は震災直後、被災地に住む知人の子どもが津波でランドセルが流されて泣いていると聞きました。そこで何か私達に出来る事はないかいと考え、同じ境遇の子供たちに夢と希望を与えようとランドセルをプレゼントする事に決めました。

company_photo6

 

『活動報告』県職員セミナー

県職員育成セミナー

新庄中学校

新庄中学校

感謝祭

感謝祭

感謝祭(縁日コーナー)

感謝祭