山形・酒田で軽自動車の未使用車をお探しならfino(ふぃの)まで!

車検のコバック 鈑金のモドーリー
fino山形店0120-15-3440 fino酒田店0120-2170-25

営業時間: 10:00~19:00 定休日: 毎週木曜日、第1第3水曜日

fino山形店に電話をかける
0120-15-3440
fino酒田店に電話をかける
0120-2170-25

営業時間: 10:00~19:00
定休日: 毎週木曜日、第1第3水曜日

フードトラックの魅力Food truck

フードトラックビジネスの魅力/
低コストの軽自動車で
狭い区画でも出店

近頃話題になっているフードトラックビジネス。
多くが個人で経営しており、比較的開業しやすいビジネス形態の一つですよね。

ですが、専用のフードトラックを買うとなると、初期費用が多くかかり、維持費も大変です。
そこでおすすめなのが軽自動車。
軽自動車を改造してフードトラックにしている事例が多くあるんですよ。
比較的改造しやすく、何よりコストが安く済みます。
軽自動車ならではのコンパクトさで、限られたスペースでも出店できてしまうのもうれしいですよね。

フードトラックに
軽自動車をおすすめできる理由

1.コストが安く済む

フードトラックは結構高いもの。
レンタルだと初期費用こそ抑えられるものの、独自のデザインは出来ず、使用頻度によっては割高になることもあります。

そこでおすすめなのが軽トラック。
積載タイプのフードトラックにしたり、一部をDIYしたりすることで、大幅にコストを安く済ませることが出来ますよ。
軽未使用車なら、なおさら安く購入できるので魅力的。
初期費用だけでなく、タイヤやオイルといった消耗品も安く済むのもメリットですね。

[ご紹介している車種|三井特装車サービス様事例]

2.限られたスペースでも出店可能

フードトラックでイベント出店する場合には、軽自動車のコンパクトさがメリットになります。
指定された区画が狭く限られている場合でも出店しやすいのはうれしいポイント。
フードトラック全般に言えることですが、テントを張ることなく車内で準備が完結するというのも便利ですね。

3.積載型コンテナタイプなら普段は荷台も使用可能

車両を改造してしまうと、車両変更手続きが必要になってしまいます。
それが面倒な場合におすすめなのが「積載型コンテナタイプ」の移動販売キット。

軽トラックの荷台ピッタリサイズの移動販売キットを販売しているお店があります。(参考:http://sato-kouzai.com/free/kitchen_car
この場合、あくまで積載物扱いになるため、面倒な変更手続きが不要。
また、キットを下ろせば通常の軽トラックとして荷台を使えるので、買い出しに行くにも便利に使えますよ。

フードトラックには軽自動車を

低コストでフードトラックを作りたいなら、軽自動車がおすすめ。
軽トラックを活用してオリジナリティあふれるフードトラックを作り上げてくださいね。
ぜひ一度チェックしてください。

※画像提供/株式会社 三井特装車サービス
山形県酒田市広栄町2-219-20
https://mitsuitokuso.com/
軽キッチンカーの車種やレイアウト、保健所への申請など、お気軽にご相談下さい。
https://mitsuitokuso.com/tohoku-kitchen-car

ふぃのにて軽未使用車の販売→三井特装車サービス様にてフードトラックへの改造が可能です。