山形・酒田で軽自動車の届出済未使用車をお探しならfino(ふぃの)まで!

車検のコバック
fino山形店0120-15-3440 fino酒田店0120-2170-25          

営業時間: 10:00~18:00 定休日: 毎週水曜日、第1第3木曜日

fino山形店に電話をかける
0120-15-3440
fino酒田店に電話をかける
0120-2170-25
 

営業時間: 10:00~18:00
定休日: 毎週水曜日、第1第3木曜日

山形ライフYamagata life
山形ライフ 2024.07.09

「これって山形が発祥だったの?」や「これって山形だけなの?」を紹介!

地元の方言や習慣などに常に触れ合っていると、「全国的に共通するもの」と思うものは少なくないのではないでしょうか?そして、ふとしたきっかけで他地域の方と交流してみると、「あれ?これって私が住んでいる地域だけだったの…?」と気付く。なんていうことも…。

私は生まれも育ちも山形市なので、こういった事例をたくさん経験しています。仲間内で「これって山形だけだったの?」を題材に会話をすると、意外と出てくるものですよね。

今回は「これって山形が発祥だったの?」や「これって山形だけだったの?」にフォーカスして、いくつか紹介していきます。

とろねば!山形のだし

山形県民であればほとんどの人が「だし」と聞くと2つのだしを思い浮かべます。ひとつめは全国共通の、かつおや昆布などを使用した「お出汁」。ふたつめは、とろとろねばねの夏の風物詩と言っても過言ではない山形郷土料理の「だし」。

山形のだしとは、キュウリ、茄子、ミョウガ、オクラ、ネギなどをお好みで細かくみじん切りにし、「納豆こんぶ」を合わせて作る料理です。納豆こんぶは、ねばりの強いがごめ昆布を細かく刻んで乾燥させた状態で、水で戻してから刻んだ野菜と混ぜて使用します。夏野菜がふんだんに使われているのもあり、夏の食べ物として山形県民から愛されている料理です。ほとんどの県民が小さい頃から食べているものなので、

「え?だしって山形の食べ物だったの?」

と思う人も多いのではないでしょうか。

今となっては県外でもだし作りにチャレンジする人が増えているようです。材料を細かく刻む面倒さはありますが、その苦労の向こうに美味しいだしが待っているので、ファンが増え続けているのでしょう。

暑い時期に大活躍!二大「冷し〇〇」

画像出典:山形発祥元祖 冷しらーめんの店 栄屋本店 公式ホームページ

今や「山形が発祥の地」と言われるようになり、県外にも名を広め続けている「冷しラーメン」。その発祥のお店とは山形駅前近くにある【栄屋本店】です。昭和27年に「冷しラーメン」が誕生したのだとか。

ラーメン消費率全国一と言われるくらい山形には数多くのラーメン屋があり、夏になれば「冷しラーメン」を出すお店も少なくありません。スーパーマーケットには、家庭で作る冷しラーメンも販売されています。そのくらい山形県民にとっては、「冷しラーメン」が当たり前のように生活に馴染んでいる食べ物となっています。

醤油ベースで、ネギ以外にキュウリ、トマトなどの夏野菜、そしてスープに氷が入っているのも「冷し」とつくラーメンだからこそです。

そしてもうひとつの「冷やし〇〇」とは?

それは「冷やしシャンプー」!東根市羽入にある【ミヨシ理容室】店主が発明したサービスなんです。夏の暑い日々に「お客様に涼しくなるサービスを提供できないか?」と考えてできたとのこと。店主の深い思いやりが感じられるサービスですね。

ワインクーラーで冷やされたメントール入りのシャンプーとトリートメントを使い、そして頭皮には氷を当てて洗髪をしていただけるそうですよ。読んでいるだけで冷たさ(涼しさ?)が伝わってきますね(笑)。

近年では猛暑となる地域が全国的に広まっているのもあり、今後も山形発祥の「冷やしシャンプー」の需要は高まっていきそうです。

雑草「ひょう」を食べる山形県民

小さい頃から食卓に「ひょう」のおひたしが出てきては、酢醤油か、からし醤油でいただいてきました。「だし」と同じように食卓に当然のように出てくる料理だったので、まさか山形の人だけが食べるものとは思いもしていませんでした。

大人になってから「山形県民は雑草を食べる」と聞いたときは、「何のこと?」と思ったものです。「ひょう」のことを言っていると知って、

「え?”ひょう”を食べるのは山形の人だけなの?」

と、初めて山形県民だけが食べるものと知りました。

ひょうは自宅の庭に生えていたので、入手は簡単でした。別名「スベリヒユ」というようです。たっぷりのお湯で茹でて、おひたしにして食べるのが主流の食べ方です。シャキシャキの歯ごたえが最高!

後で知ったことですが、オメガ3脂肪酸が多く含まれているそうで、健康嗜好の人には注目されつつある食べ物のようですよ。

【番外】山形あるある?

冷やしラーメンでも触れましたが、2024年に山形は「ラーメン消費率全国一」を獲得しました。それから「山形県民は一家総出でラーメンを食べに行く」と全国的に広まり、それを初めて聞いたときは私も「へぇーー!」と驚きました。私自身、「外食といえばラーメン」が当たり前の家庭で育っているもので…。大人になった今は、選択肢に「パスタか蕎麦か寿司」が入ったくらいです。それでも家族と「どこに食べに行く?」となると、真っ先に思い浮かぶのはラーメンに変わりありません。

県外の方は外食となると、何が先に思い浮かぶのでしょうか?今でもそれは調査中です。(笑)

関連記事:祝!山形ラーメン日本一奪還!おすすめラーメン店を紹介

今回紹介したお店の情報

【栄屋本店】

住所:山形県山形市本町2-3-21

駐車場:あり

営業時間:11:30~18:30

定休日:水曜日※水曜日が祝日の場合は翌日休み

ホームページ:https://sakaeyahonten.com/

【ミヨシ理容室】

住所:山形県東根市羽入2799-1

駐車場:あり

営業時間:平日、土日AM9:00~PM7:00まで、金曜日はPM9:00まで

定休日:毎週月曜日、第3日曜日

ホームページ:https://miyoshi.okoshi-yasu.com/

     

鈑金のモドーリー