山形・酒田で軽自動車の未使用車をお探しならfino(ふぃの)まで!

車検のコバック 鈑金のモドーリー
fino山形店0120-15-3440 fino酒田店0120-2170-25

営業時間: 10:00~19:00 定休日: 毎週木曜日、第1第3水曜日

fino山形店に電話をかける
0120-15-3440
fino酒田店に電話をかける
0120-2170-25

営業時間: 10:00~19:00
定休日: 毎週木曜日、第1第3水曜日

山形ライフYamagata life

山形ライフ 2021.02.23

蔵王温泉高湯堂のとっておき温泉グッズでもっとお風呂を楽しもう

蔵王温泉に昨年オープンしたのが温泉コーデショップ高湯堂さん。蔵王温泉をもっと楽しんでもらいたいというコンセプトのお店です。

この日お店に入るとお出迎えしてくれたのは手桶に立つミニこけしたち。大人の人さし指ほどのサイズ感、1体1体違う表情や模様、おもわず「かわいい!」と声が出てしまいます。

これらは全国にファンの多いクラフト作家『marucoro chan(マルコロチャン)』のこけしグッズ。東北では高湯堂でのみ購入できます。さらにランチバッグや巾着は高湯堂とmarucorochanコラボのオリジナルアイテム。山形県の伝統産業である米沢織の生地で作られているので、可愛いながらどこか懐かしい風合いが楽しめます。巾着は内側にポケットとキュートなしかけがあるので、ぜひ実物を見てみてください。

手に持って思わずうなってしまったのが高湯堂オリジナルひのき湯桶。驚くほど手馴染みがよく、持っただけでこだわりが伝わってくるよう。風合いが良いのはもちろんですが、黒ずみにくい加工がほどこされているなど、長く愛用するための工夫も凝らされています。

もうひとつ注目したいのがショップオリジナルの温泉アパレルアイテムです。販売されているのは温泉もんぺと温泉羽織。お風呂上りは身体も心もくつろいでいる時。できるだけゆったりした着心地の良い服が着たいですよね。

もんぺとは古くから履かれてきたボトムスの一種です。締め付け感がなく着られるので、最近ファンが増えています。高湯堂の温泉もんぺは一見ワイドパンツに見えるほどおしゃれ。部屋着だけでなくワンマイルウェアにもぴったりです。

温泉を楽しむためのアイテムが揃う、唯一無二のショップ。蔵王温泉を楽しむためにはもちろん、おうちで温泉気分が味わいたいという時にも行きたいお店です。きっととびっきりお気に入りの温泉アイテムが見つかりますよ。

蔵王温泉高湯堂
山形市蔵王温泉19

https://zao-takayudo.jp/
Instagram/https://www.instagram.com/yutabiya.takayudo/

営業時間
1〜2月:9:30〜12:00/14:00〜19:00
(3月以降の営業時間はお問い合わせください)