山形・酒田で軽自動車の届出済未使用車をお探しならfino(ふぃの)まで!

車検のコバック
fino山形店0120-15-3440 fino酒田店0120-2170-25

営業時間: 10:00~18:00 定休日: 毎週木曜日、第1第3水曜日

fino山形店に電話をかける
0120-15-3440
fino酒田店に電話をかける
0120-2170-25

営業時間: 10:00~18:00
定休日: 毎週木曜日、第1第3水曜日

山形ライフYamagata life
山形ライフ 2024.01.10

旬の農産物の宝庫!おすすめ農産物販売所紹介♪

めっきり寒くなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?寒いと家から出たくなくなりますが…農作物販売所に行く選択肢ができると、途端に行動的になる方も多いかと思います。私もその1人です。

今回は、東根と蔵王にある農作物販売所の紹介をいたします。

*本記事で紹介する内容は当社スタッフの感想であり、特定企業の広告ではありません。

【東根市『よってけポポラ』】

『よってけポポラ』は、JAさくらんぼひがしねが展開するファーマーズマーケットです。

「ポポラ」はイタリア語で「みんなの集まる広場」という意味があるようですよ。名前の通りで、いつもたくさんの人で賑わっているお店です。

販売している野菜、果物、お米、加工食品などのほとんどが、地元山形県の方が手掛けています。直売所なので新鮮さは抜群です。そして、安心と安全もモットーにしているのも魅力の1つです。

店内では、東根の新鮮な食材を使った大人気のジェラートやクレープの販売もしていました。

冬の店内は、リンゴやラフランス、お米、白菜、大根などの販売が目立ちます。

12月〜2月になると、室内で開花を迎える啓翁桜の販売も始まるようです。

『啓翁桜』は、国内の中で山形県が最も多く栽培されています。ビニールハウス内で栽培しているので、他品種の桜に比べて群を抜いて早く開花することで人気を呼んでいます。

開花時期は、だいたい12月中旬〜3月頃です。お正月の飾りとしても用いられるので、縁起物として大活躍する品種になります。

いつでも旬の物が見られて、スイーツも楽しめる、お出かけの候補としておすすめ農作物販売所の1つです。

【山形市蔵王『食の駅 山形蔵王店』】

山形市表蔵王にある『ぐっと山形』の「おみやげ売り場エリア」「フードコートエリア」「アウトレットエリア」の3つに分けられたエリアの1つです。

『食の駅 山形蔵王店』は「アウトレットエリア」になります。

『食の駅 山形蔵王店』でも、リンゴ、ラフランス、お米、冬野菜の販売が盛んでした。その中でもひと際目立っていたのは、鮭川村産の舞茸です。

山形では『原木舞茸』の販売をスーパーや直売所などでたびたび見かけることがあります。見かける時期は秋が主なのですが、食の駅では冬でもありました。舞茸が大好きな私にとってはとても良い出会いでした。

他、ペットボトルに詰められた月山や蔵王山の湧水も陳列していました。県内産の農作物や加工品だけでなく、山形銘山の水が買えるのも注目ポイントです。

農作物販売所では、旬の植物の販売も通年しています。店頭では福寿草の盆栽も売られていました。

「食の駅 山形蔵王店」に来たのであれば、隣にある「フードコートエリア」と「おみやげ売り場エリア」にも是非立ち寄っていただきたいです。

フードコートには、山形の人気店がずらりと並んでいます。山形を代表するパンやイタリアン料理も展開するお菓子屋『シベール』のパン工房も入っていて、製造の様子をガラス越しに見れます。店外にはラスク販売店もありますよ。

おみやげ売り場では、お菓子だけでなく、漬物やお酒、雑貨の販売もあります。年末ということもあり、県外の方向けの山形県限定酒の試飲をたくさんしていましたよ。私は車を運転しなければいけないので、グッと我慢してきました…。

【道の駅 やまがた蔵王】

最後に、「ぐっと山形といえば」…2023年12月初旬にオープンしたばかりの『道の駅 やまがた蔵王』の紹介もさせていただきます。

『ぐっと山形』に隣接する、山形市蔵王の観光拠点の1つになる大型施設です。

ここにも、店内に入るとすぐに山形市の人気のお店があります。食事からスイーツまで楽しめて、イートインもテイクアウトもできるようになっていました。

さらに奥に進むと、イベントができる広いレンタルスペースがあります。すでに12月には、ハンドメイドをメインにしたマルシェの開催をされていましたよ。

他にも、厨房やホールのレンタルもできるとのことです。新規事業やビジネスを考えている人にはうってつけですね。

外には芋煮会やバーベキューができる特設スペースもありました。お釜を持参しなくても大丈夫のようです。芋煮会をする候補地が増えるのは、県民にはとても喜ばしいことです。蔵王山が望めてロケーションもとても良い場所なので、大人気になること間違いなしではないでしょうか。

外には芋煮汁や玉こんにゃく、モツ煮、たこ焼きなどを販売している、数台のキッチンカーも出店していました。

「ちょっと寄っていく」だけでも満足できます。まだ行ったことがない方は、ぜひ訪れてみてください。

今回紹介したお店、施設の情報

【よってけポポラ】

住所:山形県東根市中央東3丁目7-16

営業時間:6月~11月 9:00~17:30、12月~5月 9:30~17:30

ホームページ:https://yotteke-popola.com/

【食の駅 山形蔵王店】(ぐっと山形)

住所:山形市表蔵王68番地

営業時間:9:00~17:30 ※夏期と冬期は閉店時間が異なります。詳しくはホームページをご覧ください。

休館日:元日

ホームページ:https://www.yamagata-bussan.co.jp/index.htm

【道の駅 やまがた蔵王】

住所:山形市表蔵王79番地1

駐車場:あり

開館時間:9:00~17:30

ホームページ:https://www.m-yzao.com/

     

鈑金のモドーリー