山形・酒田で軽自動車の未使用車をお探しならfino(ふぃの)まで!

車検のコバック 鈑金のモドーリー
fino山形店0120-15-3440 fino酒田店0120-2170-25

営業時間: 10:00~18:00 定休日: 毎週木曜日、第1第3水曜日

fino山形店に電話をかける
0120-15-3440
fino酒田店に電話をかける
0120-2170-25

営業時間: 10:00~18:00
定休日: 毎週木曜日、第1第3水曜日

スタッフブログBlog
スタッフブログ 2022.11.30

意外と知らないレギュラー、ハイオク、軽油の違いを解説

皆様はレギュラー、ハイオク、軽油の違いをご存じでしょうか。

どれも自動車に必要な燃料で、ガソリンスタンドにはこの3種類の燃料が売られていることがほとんどです。

しかし、車ごとにどの燃料を使うかが決まっており、間違えて給油してしまうと、場合によってはエンジンの故障につながります。

この記事では、レギュラー、ハイオク、軽油の違いと、これらを間違えて給油した場合に起こることを説明します。

レギュラー、ハイオク、軽油の違いを解説

まずはレギュラー、ハイオク、軽油の違いを解説します。

レギュラーガソリン

レギュラーガソリンは、日本国内でもっとも広く使われている車の燃料です。

異常燃焼を起こさないように入れる添加物の割合である「オクタン価」がハイオクガソリンと異なります。

異常燃焼とはエンジン内の所定の場所・タイミング以外で発生する予期せぬ燃焼のことで、エンジンの故障を引き起こす恐れがあります。

JIS規格ではオクタン価が89以上のガソリンをレギュラー、さらに高い96以上のガソリンをハイオクとしています。

ハイオクガソリン

「オクタン価」がレギュラーガソリンよりも高い(ハイ)ものが、ハイオクガソリンです。

オクタン価を高めるためにコストがかかるため、レギュラーガソリンよりも1Lあたり10円ほど高価になります。

軽油

レギュラーとハイオクはガソリンの一種ですが、軽油は成分が全く違います。

ガソリンと軽油は原油から留出される温度が異なります。
一般的にはガソリンは35〜180度、軽油は240〜350度で留出されます。

軽油はガソリンを抽出する過程で取り出せるので、ガソリンよりも低価格です。

軽油とガソリンは燃え方が違うので、軽油仕様車でないと軽油を使うことはできません。

また、「軽自動車」だからといって「軽油仕様車」であるというわけではありません。

なぜ車種によって使う燃料が違うの?

なぜ車種によって使う燃料が違うのでしょうか。
それは、車に求められる性能によって、適切な燃料が異なるからです。

国産の自家用車のほとんどはレギュラーガソリン仕様車です。

一般的な自家用車よりも高性能のエンジンを搭載したスポーツカーや海外製の自動車などは異常燃焼を起こす可能性が高いため、異常燃焼を抑制してくれるハイオクガソリンが必要です。

また、同じ量の軽油とガソリンを燃やすと軽油の方がより多くのエネルギーを生み出します。
つまり、軽油はガソリンと比べて高出力で熱効率が高くパワフルということです。

軽油は速さよりも力強さが必要とされるショベルカーやトラック、バスなどで使われる傾向があります。

間違った種類の燃料を入れたときはどうなる?

セルフサービスのガソリンスタンドも多いため、燃料の入れ間違いも少なくありません。

燃料を間違えて入れてしまった場合どうなってしまうのか、それぞれのケースごとに説明します。

レギュラー仕様にハイオクを入れる

レギュラー仕様の車にハイオクガソリンを入れた場合、実は特に問題は起きません。

とはいえ、レギュラーとハイオクの違いは異常燃焼を起こさないようにするための添加剤の割合だけなので、特に性能がアップすることもありません。

ただし、メーカーによっては洗浄剤を入れているハイオクガソリンがあり、エンジン吸気系に汚れがつきにくくなるという副次的な効果があるようです。

ハイオク仕様にレギュラーを入れる

ハイオク仕様車にレギュラーガソリンを入れても、すぐに不具合が起きるわけではありません。

多くのハイオク仕様車には、異常燃焼を検知してエンジンを保護する制御プログラムがあるためです。

しかし、レギュラーガソリンは前述したオクタン価が低いため、排気量の大きなハイパワーのエンジンを搭載したハイオク仕様車では、異常燃焼を起こし異音や振動が発生するリスクが高まります。

長い目で見ると、出力の低下や燃費の悪化、エンジンの劣化などの不具合が起こる恐れがあります。

レギュラー、ハイオク仕様に軽油を入れる

レギュラー、ハイオク仕様車に軽油を入れてしまった場合、ガソリンの残量にもよりますが、しばらく走行することはできます。

しかし、そのままにしておくとマフラーから煙が出て、エンジンが不具合を起こし停止してしまいます。

間違えて給油してしまった場合は、すぐに修理工場や車を購入した店舗に連絡し、対応してもらいましょう。

軽油仕様にレギュラー、ハイオクを入れる

軽油仕様車にレギュラーまたはハイオクガソリンを入れてしまった場合、エンジンを始動することはできますが、異常燃焼により燃料ポンプや燃料噴射装置などが破損する恐れがあります。

この場合も、すぐに修理工場や車を購入した店舗に連絡し、対応してもらいましょう。

まとめ

レギュラー、ハイオク、軽油の違いと、これらを間違えて給油した場合に起こることを説明しました。

レギュラーガソリンとハイオクガソリンを間違えた時には大きな不具合は発生しませんが、レギュラー・ハイオクガソリンと軽油を間違えると重大な問題が発生する恐れがあります。

こういった問題を未然に防ぐために、しっかり知識を身に付けることが大切です。

この機会に、お持ちの車や購入をご検討中の車について調べてみてはいかがでしょうか。